HSPを知れて良かった 5つのこと

HSP
Pocket
LINEで送る

早速

5選 発表です!

ジャジャーン👏👏👏

 

  1. 適度に休憩できるようになった
  2. 睡眠時間を必ず8〜10時間確保している
  3. 自分らしさを出せるようになった
  4. いい意味でマイペース
  5. 人間関係の棚卸しをしたこと

 

HSPとは、ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person)の略で、

さまざまな刺激に過剰に反応してしまう社会で疲れやすい人、感受性豊かな人のこと。

繊細さはその人の個性であり、

コントロールできれば大きな強みとなる。

 

人混みや人間関係で疲れやすいボクにとって

HSPを知ることは、

ボクにとって

人生のターニングポイントになりました。

 

知るキッカケは

ある日の新聞の見開きに広告として書籍が掲載されていました。

直感で

この本を読もうと思い

その場で「Amazon」でポッとして購入しました。

 

共感することが沢山ありました。

 

 

冒頭の「HSPを知れて良かった 5選」は

生活の中で特にラクになった部分です。

 

1、適度に休憩できるようになった

いつも完璧にしないとダメだと思っていました。

心身ともに疲れるため自分を守るために嘘ではありませんが

相手と会うときは「予定が入っている」などと言ってボクは休憩するようにしています。

最初は心苦しい感じでしたが、だんだんと慣れてきました。

 

2、睡眠時間を必ず8〜10時間確保している

小学校ぐらいから”よく寝るな”と思っていました。

HSPを知り、普段の生活で気を使うので脳を休めるためらしいです。

早起きが良いと世間ではいわれますが

ボクは自分のペースで睡眠を確保しています。

8〜10時間寝れることで体調が良くなり精神的に落ち着きました。

 

3、自分らしさを出せるようになった

普段から人の目を気にしていたのでハッキリと意見が言えなかったりしました。

徐々にですが自分の意見を言うようになり相手の顔色も、うかがわなくなりました。

 

4、いい意味でマイペース

寝る時間が長いので

起きている時間を有効に使うことに集中するため

自分のペースを大切にするようになりました。

 

5、人間関係の棚卸しをしたこと

「学生時代から友人や知人が多いことに越したことはない」という考えでした。

社会に出てからもビジネス等でも知り合いが多い方が良いとのことでした。

正直、「人間関係」に疲れていました。

そんなときにHSPに出会い、少人数でも良いんだと考えが変わりました。

今は、ほとんど人と会わなくなりました。

 

人と会わないことで変わったことはありません。

 

「価値観の違い」や、「やらなければならない」で会うぐらいなら

会わない方が良いという考えになりました。

 

社会とのつながりは、ほとんど無くなりましたが

今は

良かったと思っています。

 

ノンストレスです。

 

 

ボクも含め

人間関係で悩んでる方や

「繊細さん」の方は

ぜひラクになる方向へ人生をシフトしていって欲しいと思っています。

Pocket
LINEで送る

HSP本の紹介
jinseisoukaiをフォローする
プロフィール

ジンセイソウカイ

「人生爽快」=「ジンセイソウカイ」 日々感じていることや ホッとできて楽しめて 爽快するようなことを発信していきます
ジンセイソウカイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました