身体は食べたもので出来ている

Pocket
LINEで送る

身体は取り替えることができないです。

 

当たり前なことですが

普段過ごしていると忘れがちです。

 

クルマやモノでしたら故障をしたら取り替えや交換ができます。

 

肝臓が悪くなると交換や

大腸や小腸を取り替えなどはできません。

 

 

そう考えるようになったのは

自分の体調が幼い頃からよくなく

すぐに疲れ易いため

どうしたら体調が良くなるのかを考えていました。

 

 

講演会や書籍を読んだりしてみて

わかったことは

出来るだけ少食が良いことがわかりました。

 

 

太古の昔は

糖質や脂質、塩分などが

あまりなかったため人間の身体はエネルギーを

蓄えられるようになっているそうです。

 

 

現代の食事は

糖質、脂質、塩分を摂取する機会が多いためメタボにやり易いとか。

 

僕は出来るだけ

体調を良くしたいと思い

睡眠と食事には出来るだけ

気を使っています。

 

食事は

一日一食で 玄米と味噌汁 あとはプロテインを飲んでいます。

 

味噌汁は有機麦味噌で手作りです。

 

 

この方法に変えてから

体調が激変してすこぶる体調が良いです。

 

 

なかなか

一日一食にすることは大変です。

僕も最初はできませんでした。

少しづつですね。

 

 

ちなみに

外食したときは

好きなモノを食べています。

周りの人に気を使わせたくないのと

外に出た時ぐらいは食べたいものをと思っています。

 

 

あとは

睡眠も大切ですね。

睡眠の話しはまたの機会にでも。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました