後悔のない人生とは…

考え方
Pocket
LINEで送る

「日々、誠意一杯生きる」

一度しか無い人生。

これに尽きると思います。

難しいことなんですけどね、、

「精一杯」 「誠意一杯」

あえてボクの気持ちは「誠意一杯」の方が合っているかなと思います。

 

 

人は生まれてから死に向かっています。

自分に生まれ、時間が与えられたんですね。

そして自分という人生を生き、最後、

自分が死ぬ時なんて誰にもわかりません。

 

ボクは24歳のときに親父の父が亡くなりました。

ボクの祖父です。

 

親父に「おじいちゃんとやりたかったことや行きたかったところはないの?」

と聞いたんです、

 

親父は「やりたいことはいっぱいあったし、できなかったことで後悔している。」

と言いました。

 

 

ボクは「ナゼやりたかったことを、しなかったのだろう?」と思いました。

「人はいつか死ぬのだな」とも思いました。

「後悔」という言葉がとても重く悲しかった。

 

 

ボクの中で

「人の人生には限りがある。ムダにはしたくはない。」と思いが溢れてきました。

後悔するって、、

勿体無い事と思いませんか?

 

この日を境に

ボクの中に

「いつ死んでも悔いのないように。」と思う気持ちが芽生えました。

 

それならば

「今日が人生最後の日として生きよう。」と思いました。

 

そう決意した日がスタートすると

時間をムダになんかできません。

「時間は命」だから

「誠意一杯」になれるのですよね。

 

お金も大切でしょうが

時間はもっと大切なはず。

時間はお金で買えませんからね、

 

世の中の人が

「今日を最後に生きる」と思えばまた世界は変わるのでしょうか…

 

 

「日々、誠意一杯生きる」

ボクの中の指針です。

 

これを読んでくださり、少しでも「もう、戻らない時間」について気に掛けて頂けたら嬉しいです。

Pocket
LINEで送る

考え方
jinseisoukaiをフォローする
プロフィール

ジンセイソウカイ

「人生爽快」=「ジンセイソウカイ」 日々感じていることや ホッとできて楽しめて 爽快するようなことを発信していきます
ジンセイソウカイ

コメント

  1. より:

    お人柄が伺えるブログで拝読しました。
    時間の大切さを改めて考えてみます。

タイトルとURLをコピーしました